薄毛治療、AGA治療の口コミバンク 東京エリア 薄毛治療の第一人者にインタビュー

薄毛治療の第一人者にインタビューしました

毛髪再生医療を確立し最高峰の薄毛治療といわれるHARGの開発者である、HARG治療センターの福岡大太朗(ふくおかひろたろう)氏に、毛髪再生の最前線や今後の展望などをお聞きしました。

髪の悩みのせいで自分らしさを出せないでいる人を救いたかった

福岡大太朗氏

編集部先生が薄毛治療を本格的にはじめるようになったきっかけというのは?

福岡氏もともと薄毛治療は診療で行っていました。その時は今もあるような血行促進剤や栄養を注入するような治療も行っていました。しかしこれは効果がある方もいれば、無い方もいました。特に男性は、生えても抜けやすくく、治療というには効果が安定しませんでした。
私のクリニックにいらした患者様もそうですが、街を歩いていても、薄毛で悩んでいらっしゃる方が目に留ります。皆さんカツラや帽子、ウィッグなどの様々な苦労から解放されたらどんなにいいだろうと考えていました。実際、患者様で髪が増えて表情も、性格も明るくなった方をたくさん見てきました。皆さんが自信を得て自分らしさを取り戻す事ができればいいと感じました。
しかし従来の治療ではそこまでの効果はありませんでした。そこでわたしは、脂肪幹細胞に含まれる「成長因子」に注目しました。HARGが再生医療と言われるゆえんはここにあります。

編集部先生は早くから、毛髪が再生医療によって改善できると気がついていたんですか?

福岡氏私もはじめは信じられませんでした。脂肪幹細胞から毛髪が作られるとは考えられていませんでした。しかし、細胞自体ではなく、その中に含まれる成長因子に注目し、これにより発毛することが分かりました。

毛髪再生医療は進化し続けています

編集部先生は、現在医師として診療にあたっていらっしゃいますが、研究や開発なども行いながらというのは大変ではないですか?

福岡氏それはもちろん、簡単な事ではありません。韓国の学会から朝帰ってきてそのまま診療ということもあります。
診療時間が終わったら、論文の執筆などもしなければなりません。学会発表の前などはさらにそのスライドなども作成したりしますよ。
しかしやはり、医師として、患者さんを一番に考えていますので、できる限り直接診療しています。
嬉しい事に、私に相談したいと指名して下さる患者さんも多くいらっしゃいますので、期待にこたえたいという思いで頑張っています。

編集部診療を続けながら、研究の方も進んでいるんですね!

福岡氏研究においても現場経験はとても役に立っています。臨床結果をフィードバックして、治療、研究に活かしていますから。相互に関係していますね。
HARG療法自体、かなり効果の高いものになって参りました。現在発表してある最新の治療法ですと、再生能力が持続するもので、治療後8ヶ月経ってさらに発毛能力が増すものになっています。

福岡大太朗氏

薄毛治療は将来「塗れば生える」くらい簡単なものにしたい

福岡大太朗氏

編集部先生が目指している薄毛治療とは、ずばりどんなものでしょう?

福岡氏それはやはり誰がやっても簡単に生えるという事でしょうね。それでは当然医者は儲けになりませんがね。
しかし私の目標は、薄毛の人のカツラがいらなくなる、髪に自信を持てる、そういうところです。
この開発には多くの患者様の支えがあります。恩返しだと思って良いものを作っていきたいですね。

福岡大太朗氏が診療を行うクリニックはこちら