薄毛治療の年間費用について

薄毛治療には様々な治療法があり、それぞれ年間費用や効果、治療期間、患者の手間や負担、副作用やリスクなどが異なります。

育毛剤・ヘアケア商品など

年間費用 20~50万円
効果 育毛ローションやサプリメント、シャンプー等によるセルフケアです。数ある薄毛治療の中でも、最も低コストですが、人によって、効果の有無にかなりの個人差があります。効果も商品によってさまざまで、脱毛を抑えるもの、頭皮の血流を良くするものなどが多いため補助的療法と言えます。
治療期間 ほぼ毎日
患者の手間、負担 自宅ケア、食事療法など
副作用、リスク 効果が全く出ないこともあります。

かつら・ヘアコンタクト

年間費用 30~200万円
効果 いわゆるかつらや、部分的に人口毛を装着することで、1日で一気に毛量を増やせます。高価なものですと、一年かけて徐々に少しずつ増やしていくことが出来るものもあります。
治療期間 1日〜1年
患者の手間、負担 かつらの手入れ、数ヶ月に一度の交換
副作用、リスク かつらは周囲にばれやすく、定期的に新しいものにしないと不自然になってしまいます。また、かつらを装着する事によりさらに薄毛状態を悪化させる恐れもあります。

ヘッドスパ、育毛サロン

年間費用 25〜200万円
効果 サロンや育毛サービス店舗で行われる、ヘッドスパやマッサージ、マシーンによる施術などです。頭皮が毛髪を維持しやすい環境を作ります。効果の有無や、改善までの時間には個人差があります。
治療期間 1年〜
患者の手間、負担 月1〜2回店舗に通う、自宅ケアなど
副作用、リスク サロンやスパで行われる施術は医学的根拠のない発毛・育毛法であるため、薄毛の改善には逆効果のものも中にはあります。また、人によって効果の出方に違いがあり過ぎ、全く効果のみられない場合もあります。

内服薬(プロペシア)などによる病院治療

年間費用 50~250万円
効果 AGA治療に用いられるプロペシアは、男性ホルモンの「DHT」という物質の産生を抑える事で脱毛を抑制します。ミノキシジルは血管拡張剤で、血流をよくする事で頭皮を活発にし、育毛を促します。薄毛の病院治療はこれらを組み合わせて行われる事が多いです。
治療期間 3ヶ月〜
患者の手間、負担 毎日の服用、月1~2回の通院
副作用、リスク 性欲減退等の副作用があるほか、プロペシアなど、女性は服用できない内服薬があります。

育毛メソセラピー等の注射による病院治療

年間費用 50~250万円
効果 育毛成分を頭皮に注入する方法です。プロペシアなどの内服治療と組み合わせる事が多いです。脱毛スピードを抑えることができますが、効果が現れるのに3ヶ月以上はかかります。薄毛のタイプに酔っては効果が発揮されない事もあります。同じく注射を使うHARG療法と同じようにみられている治療ですが、使用する薬や発毛する仕組みが全く違います。
治療期間 3ヶ月~1年
患者の手間、負担 月1~2回の通院
副作用、リスク とくになし。

植毛

年間費用 50~250万円
効果 自毛植毛と人口毛植毛があり、現在は自毛植毛が主流となっています。かつらでなく、自分の髪の毛を植え替える事で、大きな範囲で見た目の毛量が増やせます。定着するまでは1ヶ月以上を要します。
治療期間 1ヶ月〜半年
患者の手間、負担 月2回程度の通院
ダウンタイムのケア
副作用、リスク 移植部にかさぶたができる、毛髪の採取部分に傷が残るなどのリスクは避けられません。また、ショックロス(患部周辺毛髪の脱落)、ピットスカー(植毛部の凹み)などが起こることがあります。

HARG療法

年間費用 15~120万円
効果 毛髪再生により、積極的に発毛させ、徐々にもとあった髪の状態に戻していきます。頭皮の状態を改善し、脱毛の予防や育毛をします。
同じ注射療法の育毛メソセラピーとは区別され、効果はHARG療法の方が高いです。
治療期間 1ヶ月〜1年
患者の手間、負担 1ヶ月に1〜2回の通院
副作用、リスク なし